lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

子供の泣き声と聴覚過敏

最近、Twitterを見ていると育児垢のような方々が「子供が泣くのは仕方ないこと!」と声高らかに主張しているのをよく見かける。

そういった話が持ち上がるごとに、ぼくは度々申していることなのだが、子供が泣くのは当たり前だということは重々承知している。が、苦手かどうかというのはまた別の話である。ということだ。

そりゃあ誰しも子供の頃は幾度となく泣いただろう、泣かない子供など居ない。

ただ、だからと言って理屈ひとつで苦手なものを克服出来るかと言えば別の話なのだ。ぼくだって流石に苦手と言えど、街行く人々を眺め泣き叫ぶ子供が居る度に目くじらを立てるような大人気ない真似はしないし、大抵の親御さん達は泣き止ませることに奮闘しているだろう。

しかし、中には泣き止ませるどころか放置するような親が居るのも事実だ。

確かに子供が泣くのは仕方ないと言った。だが、仮にも公共の場であるショッピングモールやフードコートなどで、周りに響き渡るほどの声量で泣かれてしまうと正直な話耳障りなのである。

もちろんそういった子供を見て微笑ましく思うような人も居るだろうが、その逆も然りであって当然苦手な人も居る。

そこで必死に泣き止ませようと奮闘している様子ならば多少は目を瞑るが、何も気にせず放置している親を見ると如何なものか、と思う。

 

少し話は変わるが、皆さんは聴覚過敏というものはご存知だろうか?

詳しいことは各自ググって欲しいのだが、簡単に言うと感覚過敏と呼ばれるものの一種である。発達障害を持っている人に多く、ぼくもその1人だ。

感覚過敏とは、光や音をはじめとする特定の刺激を過剰に受け取ってしまう状態のこと。逆に刺激に対する反応が低くなる感覚低反応というものもあるが、ここでは感覚過敏についてお話しよう。

感覚過敏があると多くの刺激を過剰に受け取ってしまうことにより、ストレスが増したり身体的・精神的にも負担が掛かってしまう。

このように感覚に過度な偏りが生じることで、日常生活に支障をきたす場合があるのだ。

感覚過敏にも色々あり、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などがある。

今回はそのうちのひとつ、聴覚過敏についてご紹介しよう。

 

聴覚過敏とは何か

聴覚過敏とは、具体的に

 

■音がやけに大きく聞こえる、響く

■周囲の全ての音が等しく聞こえる

 

などの症状があり、今回のテーマである「子供の泣き声の不快感」では音の大きさについてが大きな要因だろう。

具体的には、賑やかな場所に居ると疲れやすいといった症状がある。聴覚過敏の症状が強い場合、耳の奥が痛くなったり、場合によっては頭痛が起きたりと、身体的な痛みも伴う。

また、人によって気になる音は違うが、女性や子供の甲高い声、休み時間のチャイム、合奏の音、掃除機やジェットタオルの音などが挙げられることが多い。

 

実際、ぼくはこの聴覚過敏があり、人の話し声や、女性・子供の高い声、食器同士が触れ合う音などが苦手だ。上手く表現しづらいのだが、脳みそを直接掻き回されているような、ザワザワとしたノイズのような不快感がある。

場合によっては吐き気や頭痛、目眩、立ち眩みが起こる場合もあるし、不安やパニックを起こしてしまうこともある。

 

先述したように、子供が泣くのは仕方ないというのはもちろん分かっている。が、しかし、世の中にはこういった症状に悩まされているが故に、子供の泣き声が不快に感じる人も居るということを知っておいてほしい。

子供を育てるのは大変だろうし、そんなの子供を産んだことがないぼくにだって分かるが、本人の努力ではどうしようもないことで苦手という場合もあるのだ。

此方としてもイヤフォンなどを付けてなるべく音を防ぐようにしているが、やはり四六時中イヤフォンを付けているわけにはいかない。

そういった場所で、あまりにも泣き喚く子供を放置されると少々辛いものがある。

なので、無理に泣き止ませろとは言わないし、世の親達が苦労して泣き止ませようとしているのも知っているが、「子供が泣くのは当たり前!」「子供が泣いてることを不快に感じるのってどうなの?」「育てるのだって大変なのよ!」といったことを言われるのは心苦しいし、どうかそういった人が世の中には少なからず居るということも頭の隅に入れて頂けると有難いな、と思う。

 

全ての人にとって、生きやすい世の中になることを願う。

 

 

それでは、また次回。

最後まで目を通して頂き、有難う御座いました。