lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

近状報告

以前、「言葉と生きる」という記事を出したかと思う。

メンヘラ.jpさんにてライターのようなことをやらせて頂き、ありがたいことに様々な方に様々な評価をされてきた。

自分でも自覚の無かったことなので、「私って言葉を紡げるんだ!」と驚き、同時にそれが自信にもなった。

同時期に好きな声優さんのライブ映像を見て、必死に努力して夢を叶えた彼がとてもキラキラしていて、私もそうなりたい、と、''夢を叶える''ことに憧れを持った。

今まで私は、何かに憧れることはあっても「どうせ私はろくな努力もせずに諦めてしまうだろう」と思って、何もかもやる前から諦めてきた。

でも、今回は大丈夫な気がした。自分でもよく分からない、謎の自信。

どんな形であれ、言葉を紡ぐ人になりたいと思った。それは今でも変わらない。

だけどそれ以上に、どうしようもない生き辛さと日々のストレスに押し潰されて、生きることすらままならないのが現状だ。

うちの高校は自由登校なので、時間の縛りがない。

だからこそ、朝起きられなかったりして勉強時間は減る一方で、ギリギリまで居残りをして、薬の力に頼って無理矢理過集中を引き起こし、レポートを終わらせたりしていた。

本当なら朝早くから学校へ行って、レポートを早めに終わらせて、将来の為にも資格や受験勉強だってしなきゃいけないのに。

ストレスで食事を摂ることも出来なくなって、学校でもバイトでも、広い社会に出たことによって自分が''健常者ではない''ことを改めて思い知らされた。こんな胸の痛みはとても久しい感覚だ。

どう足掻いたって私は普通になれない。

街中やバイト先で中学の同級生を見かける度にフラッシュバックが起きて、苦しくて苦しくて堪らなくなる。

薬を飲んだって普通にはなれなくて、店長には一応障害のことは話してあるものの、事実として受け止めているだけで深く理解はしていないのだろう。それに、店長以外の人間には伝えていないので時々周りの人からの視線が痛い時だってある。店長でさえ、よく理解していないので「どうしてそうなるの?」と白い目で見てくることだってある。

正直に言おう。私だってそんなの知りたい。

私より後に入った人が、私より遥かに出来るようになっていくのを見るのがとても辛い。

いつまで経っても底辺のままだ。

私に夢を与えてくれた彼の顔が思い浮かんで、悲しくなる時もある。

私はどう頑張っても、向こう側に行けないんじゃないか。そう思ってしまう。

本来なら、本気で目指しているのならブログだってもっと更新すべきだし、絵だって描かなきゃいけない。

でも、今の私には何も生み出すことは出来ないのだ。

空っぽになってしまった。もぬけの殻である。

魂がふわふわと浮き出て、感情の無いロボットのようにひたすら同じ動きを繰り返すことしか出来ない。

もう、疲れてしまった。

家にも学校にも職場にも居場所がない。

ずっとずっと独りぼっちなままだ。

親には何ひとつ理解されず、友人と連絡を取ることも減り、淡々と日々が過ぎて行く。

張り付いた愛想笑いが、私を虚しくさせる。

今の私には、夢を与えてくれた彼はあまりにも眩し過ぎる。

いつになっても、生きるだけで精一杯だった。

むしろ私がこれ以上のものを望むなんて、図々しいにも程があるんじゃないかと思えてくる。

中学を卒業したって現状はあの頃と何ら変わりないし、昔の嫌な記憶は頭にこびりついて離れないし、生き辛さは日々増すばかり。

どうしてこんな世界に生まれてしまったのだろう。

私がもし、普通だったら。健常者だったら。当たり前のことが当たり前に出来ていたら。

何かが違ったのだろうか。

もうそれすら分からない。

環境が変わって新しく知り合った人に、昔のことを聞かれると何と答えて良いか分からない。

小学生からいじめられて中学は不登校で高校でも孤立してまーす。なんて言えるわけもないし。

私の人生には暗い話題しかないのか?というレベルで、親しくない人に話せるような内容がほとんどない。

そうやって、仕方なく重ねてきた''ごく普通の一般的な学生の人生''という嘘が余計自分を苦しめている気がする。

なんでもいいから休ませてほしい。学校もバイトも辞めたい。暫く引きこもりたいし好きなことだけしていたい。

でもそんなことをしたら周囲から置いていかれるだけだ。今や当たり前である高卒の資格すら取れず、就職も遅れ、世間からは更に白い目で見られるだろう。そうするとまた周りが騒ぎ立てる。結果、孤立。

もう、独りぼっちは嫌なのだ。

もう、孤独は散々だよ。