lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

素顔を出した話

私は約2年間、所謂マスク依存症というやつだった。どこへ行くにでも、マスクが無いと外に出られない。たとえ遅刻寸前でも、マスクを忘れたことに気付けばすぐに取りに戻る。それほど、私にとってマスクは顔面の一部と化していた。自分の顔を晒すくらいなら家から出たくなかったし、真夏だろうとどんなに蒸し暑くとも、そんな生活を続けていた。

しかしつい先日、そんな生活にも終焉の兆しが見えた。そう、化粧というものを覚えたのである。

軽く化粧をしただけで、ビックリするほど自分の顔がマシになった。そっとTwitterに自撮りを載せると、思わぬ反響。承認欲求が満たされた気がした。

『少しくらいなら、いいかな?』

そんな風に思えるようになった。そうして私は、意を決して約2年ぶりに己の素顔を晒して外へ出たのである。

 

…なんだ、案外前を向いて歩けるじゃないか。

そして何より、とても顔まわりが涼しい。

思っていたより、ずっとずっと前を向いて歩くというのは世界が違って見えるものなのだと気付かされた瞬間であった。

ほんの少しだけ、自分に自信を持っても良い気がした。少しだけ、少しだけ。

 

 

では、また次回。

広告を非表示にする