lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

どうしようもない

深夜によくあるセンチメンタルに身を委ね、ぼんやりとまだ見ぬ未来に想いを馳せていたらなんだか悲しくなってきてしまい、そっと頓服を流し込んで筆を取った。

 

いじめられたり孤立したり不登校だったり、なんやかんやありながらも無事中学を卒業した。在籍中は生き地獄のように辛く苦しく、永遠のようにも感じられた日々だったが、過ぎ去ってしまえば淡い記憶だ (正直、フリースクールに通う前の2年半はあまりに辛過ぎてクラスメイトの顔や名前すら思い出せない)。

毎日毎日しんどくて、ああ早く死ねないだろうか、でもやっぱり自分で死ぬのは怖いからどこかで車に轢かれたりしないかな、なんてどこまでも他力本願(?)な希死念慮を抱いていたが、どうにか地を這って15年生きてきた。

きっとこれを読んでいる人生の先輩方からすれば、15年なんてほんの一欠片程度なのだろう。

だけど私にとってそれは全てだった。

過去はあっという間だけど、現在は気が遠くなるほどに長くて、未来なんてもっともっと曖昧でぼんやりしている。まるで度の合っていない眼鏡のようだ。

無事高校に合格し、あとひと月もすれば慣れない環境に戸惑いながらもどうにか馴染んでいくのだろう。趣味に注ぎ込む為にバイトだってしなきゃいけないし、醜い自分を認める為にもジムにだって通わなきゃいけない。

そんなこんなできっとあっという間に高校だって卒業するのだろう。

私は高校を卒業したら大学へ進もうと考えているが、こんなポンコツ頭で受かるだろうか。受かっても変なところじゃないだろうか。

就職は?通信制高校の面接でさえ緊張で気が狂ってしまいそうだったのに、就活なんて出来るだろうか。

そんな今考えてもどうしようもない不安ばかりが募る。

どうしようもないと分かっていて、はいじゃあ考えるのやーめた!…なんて出来るほど私は割り切った人間じゃない。

だけど同時に、こんなどうしようもないことで悩んでいる自分が、同年代のみんなと何ら変わりない普通の人間なんだ、と思わせてくれて安心してしまう。普段から劣等感が強いからだろうか。

私の周りには、いわゆる類友というやつだろうか、メンがヘラってしまった人たちが多い。

人の辛さなんて比べるものでもないし、その人たちにはその人たちなりの辛さがあるのだろう。それは理解している。

だけどみんな勉強が出来たり、何かしらの特技があったりする。私から見ればなんやかんや上手くいってる気がして、羨ましいなぁ、なんて無い物ねだりをしてしまうのは、贅沢だろうか。

私の数少ない友人は、お世辞抜きで本当にみんなすごいのだ。なんでも出来てしまうくらいには器用で、でも自分のことは不器用で、優しい人たち。自慢の友人だ。

それに比べて、なんて思ってしまうのは、Twitter上でよく見かける構ってちゃんと同じだろうな、なんて思わず自分自身を嘲笑してしまう。

本当にどうしようもない。どうしようもない、誰もが一度は抱える不安を抱き締めて今夜も大人しく眠るしか、私にはないのだ。

拝啓、十数年後の私よ。無事生きているだろうか?

 

 

では、また次回。