lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

頭痛の種

以前から私はブログでもTwitterでも頭痛が酷いと零していたが、最近はほとんど痛くなることもなくなった。

というのも、おそらく眼鏡を掛け始めたせいだろう。

つい先日健康診断へ行く機会があり、視力を測ったところ1.0と0.5というかなりのガチャ目であった。備考欄には「近視」の文字。

確かに以前から片目を隠すとぼんやりするとは思っていたが、まさかここまでとは。

そのことをTwitterに書くと、親切な方が色々と教えてくれた。

ガチャ目の場合、見える方の目で補おうとするので眼精疲労により頭痛を引き起こす可能性があるのだと言う。

思わず「ああ、なるほど」と言ってしまった。

元々頭痛持ちではあったが、気圧やストレス以外にも思わぬところで拍車を掛けていたようで、これにはとても驚いた。

とにかく眼鏡を作ろう、と思い、後日眼鏡屋へと向かう。

そしてそこで詳しく検査をしたところ、どうやら私はガチャ目だけではなく近視と乱視が入っていたらしい。

しかも左目が近視、右目が乱視という、左右で視力も違えば見え方も違ったらしい。そりゃ頭も痛くなるわけだ。

なんとなく物が二重、三重に見えるな、とは思っていたが、ぼんやりしていたし疲れ目なのかと思っていた自分が馬鹿らしい…。

疲れてるのは左右でガッチャガチャな目のせいだし、頭痛は引き起こすは物は見えないわで散々である。

そんなわけでフレームを選び、レンズを嵌めて微調整し、無事に「マイ眼鏡」をお迎えしたというわけだ。

これがその眼鏡である。

f:id:lemon__96neko:20170331004115j:image

黒を基調とした、ところどころスケルトンになっている比較的フレームが大きめな眼鏡。結構可愛いと思う。

赤やチェック柄なども可愛いが、私の私服は基本的に無彩色なので普段使い出来る方が良いだろうとこの色にした。

眼鏡が出来上がって最初に掛けた時の第一声がこちらである。

 

「み、見える…見えるぞ……!!」

 

どこの厨二病患者ですかね。

でも本当に視界がクリアで、世界はこんなにも鮮明だったのかと驚いた。

一応眼鏡が無くても見えなくはないが、やはり疲れるしぼんやりしている。

眼鏡を発明した人に賞賛の拍手を送りたいと思った。ありがたい。

では、今回はこのあたりで。

ただの眼鏡自慢になっていた気がしなくもないが、まあたまにはこんなのも良いだろう。

 

 

では、また次回。