読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

JCブランド

私には、文才がない。

 

私は、あらゆる記事を書き、それをインターネット上に公開してきたわけだが、それによって読者様にお褒めの言葉を頂くこともそれなりに増えてきた。

赤の他人の私を、私が見ていないところでわざわざ評価してくれるのだから、それがお世辞ではなく本心だというのは充分に分かる。

だがしかし、エゴサなどでいくつか拝見することが多々あるのだが、どこもかしこも「JC3でここまで書けるのはすごい」「中学生が書いたとは思えない」など、私がJC3だから評価されたものが多いのだ。

もちろん褒めて頂けるだけでありがたいし、光栄なことだ。

だけど、なんというか、それは私が学生じゃなかったらどこにでもあるものなんだな、と思ってしまう自分がいる。要するに自分に自信がないのだ。

私がJCだから、その存在が珍しくて注目される。それがどうしようもなく悔しい。

ブランドにあぐらかいてドヤ顔なんてしたくないし、私の年齢がいくつであろうと評価されるものを本当は書きたい。

だけど書いても書いても貰うのは「JCで〜」「中学生なのに〜」だ。

肩書き無しで私のことを評価してもらえたら、そんな風に思ってしまう。

評価して頂く側の立場だから、こんなのはただのわがままであると分かっているのだが、やっぱりどうしても悔しくて悲しくて仕方ない。

メンヘラ.jp( http://menhera.jp/ )のライター仲間である皆さんのように、人の目を惹くような、面白くて鬱でもゆるく読めるようなものは私は書けないし、たとえ3000字を越えようと何度読み返しても中身が薄っぺらく感じてしまう。

仲間も編集者も、皆さんお優しい方だから、たくさん褒めてくれるし励ましてくれるけど、私はこんなんじゃダメだと思うし、まだまだ読者様に満足して頂けるものは書けていないと思う。

今までメンヘラ.jpで公開された過去の私の記事を読み返しても、全然面白くない。

どこにでも転がってるようなものにしか思えない。

この世で唯一の、私にしか書けない!そんなものが欲しいのに。

どうしたら皆さんの望むものが書けるのか、私が満足するものが書けるのか、さっぱり分からない。

ただ字数を稼ぐだけなら誰にでも出来るのだ。

欲しいのは、たとえ規定の1500字ギリギリの短い記事でも全て伝わるもの、そして面白さ、気楽さだ。

私の頭は本当に子供か?というくらい堅い。

新たな視点で物事を捉え、豊かな発想、柔軟な思考、知識、表現力。

そういったものが私には足りない。

こういうのは何をしたら鍛えられるのだろうか?

それすら分からず、日々ネタを探し、どうにか読み手に伝えようと試行錯誤しているわけだが、どんな長文を書いたってこれっぽっちも伝わっていない気がしてならない。

私はまだまだ勉強不足だ。

これからも精進していきたい。

 

 

では、また次回。