lemonの掃き溜め

日々の生活や考え事、妄想などをただ綴ってるだけ。

ひんやり

11月だ。冬は目の前。

最近本当に寒くて寒くて仕方ない。

ついにマフラー、カイロまで使い始めてしまい、このままだと私は1〜2月あたり凍死してしまう気がする。

指先が冷えきっていて、おそらく末端冷え性なのだろう。

氷女呼ばわりだけは避けたいところだ。

 

私は普段動かないから代謝が悪く、そして体温も低い。

34.2°Cしかないのだ。

いや、それ死んでるだろって感じだよな、分かるよ、うん。

元々35.8°Cはあったのだが、去年の冬あたりインフルエンザになり、39°Cまで上がって急降下、そのまま平熱を通り過ぎ34.2°Cで落ち着いてしまった。

ちょっとよく意味が分からない。

完璧な低体温なのだが、まあ運動しない食べない寝ないだから無理はない。

そりゃ成長期なのに身長が伸びないわけだ。

せめて150cmは行きたかった…

 

こうも寒いと毎朝起きるのが苦痛だ。

せっかく暖まった身体をわざわざ冷やすなんて馬鹿らしい。

まず布団から出る、この第一段階で身体の熱が半分以上失われる。

その後着替える為に部屋着を脱ぐ第二段階で完全に体温がどこか遠くへ消え去ってしまうわけだ。

もう鳥肌は立つし顔は青白いし唇は紫だしお前はプール入った小学生か。

これだから朝は憂鬱だ。

冷たい制服に袖を通すのは嫌だし、これからもっと寒い外に出なきゃいけないのだ。

やっぱり暖かい布団に潜り込んで部屋に居たいし、なんなら冬眠したい。

 

体育なんて地獄だ。

せっかく冷たい制服が暖まったのに、またそれを脱いで冷たいジャージを着るのだ。

そして極寒の校庭または体育館へ移動し、大嫌いな運動をしなきゃいけない。

なんでこう、嫌なことはたくさんあるのだろう。

そして運動し、身体は多少暖まったものの血管が膨張し、頭痛が起きるのでその後の授業はお察しである。

 

私は雨の日に偏頭痛が起きる。

おそらく気圧とかそんな感じだろう。

そんな日に体育があるとしんどい。

頭痛パラダイスだ。

だけど学校を休むほどではないし、見学ばかりしていたら梅雨なんて毎日休むことになってしまうからそういうわけにもいかない。

結局雨と体育で頭痛がパラダイスし、その後の授業はダウンしている毎日だ。

だから雨も朝起きるのも寒いのも暑いのもみんなみんな嫌いだ。

ちょうどいい、カラッと涼しい秋がずっと続けばいい。

見ているだけならそんなに支障はないが、やはり実生活に雨は支障がある。それも結構でかい。

このよく分からない頭痛は一体なんなんだろう。

酷い時(台風など)は本当に起き上がれないのでなるべく家に引きこもっていたいし、学校なら登校はするが授業は全て完全に死んでいる。

頼むから台風くらい休校にしてくれ。

 

ここまで書いといて何だけど、別に病弱ではないと思う。

発達障害はあれど、別に病気は持ってないし過去に大きな病気をしたこともない。

ただちょっと不健康に不健康を重ね過ぎてるだけなのだ。

血色の悪さと貧血、低体温、代謝の悪さ、慢性的な睡眠不足、ストレス、頭痛パラダイスなどが合わさって死んでるだけで、それ以外は割と普通だ (いや、これを病弱と言うのか…?)。

まあ風邪を引くと普通みんな1〜3日で復帰するが、私は1週間は学校に行けないのは気のせいだと思っておこう。

体調不良は一刻も早くなんとかしたいものだ。

 

私のどうでもいい体調情報を書いていたら0時を回っていた。

私の人生は基本的に無駄なもので出来ている。

無駄は嫌いだが、自ら望んでやっている無駄なことは心の栄養だと思う。

だから趣味などを持たないのはやっぱりよろしくない。

ただ機械的な毎日を過ごすのは死んでしまうだろう。

何かひとつくらい、好きなことをする時間があると少しは楽になるものだ。

ただ、その好きなことがつまらなく感じたり何事にも興味がなくなったらそれは鬱だ。

早急に精神科へ行くのをオススメする。

早いとこなんとかしないと、本当に死んでしまう。

無理することはない。焦る必要もない。

のんびりゆっくりマイペースでやっていけばいいのだ。

さて、明日も起きられるかな?

 

では、また次回。